シミ対策として私がやってるビタミンCの摂り方

シミ治療の専門サイト

このページでは、私がシミ対策のために実践しているビタミンCのとり方をお伝えします。

ポイントは「大量摂取」です。

 

ビタミンCは、大量摂取することで風邪や病気に対しても驚くほどの効果を発揮すると、ノーベル賞を2度も受賞している科学者が著書に書いています。

 

そこで、試しに実践してみたところ、私自身、肌が白くキメ細かくなったような調子の良さを感じました。

また、私は元々、鼻が弱くて、すぐ風邪をひいては副鼻腔炎になっていたのですが、この風邪をひきやすい体質もスッカリ改善されました。

 

私が2016年の1年間で13回も通院した耳鼻科の明細

 

そこで、当ページでは、書籍による情報をもとに、ビタミンCの効果・効能に対する根拠から、ビタミンCの大量摂取(メガドーズ療法)とはという点、さらには私が実際に行っているビタミンCの摂取方法まで紹介するため、ビタミンCの摂取について気になる方は参考にしてみてください。

 

参考文献

このページでは、以下の書籍を参考として、お伝えしています。

書籍タイトルは、『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』 です。

この本のタイトルを見ると、”がんに効く” とまで書かれているので、パッと見で胡散臭い感じがするかもしれません。

 

しかし、実はこの本、実際に中身を読んで見ると、海外含む複数の学術論文などを挙げながら論理的に書かれているものであるため、非常に説得力を感じさせるものとなっています。

さらに、筆者は、東京薬科大学大学院を修了した薬学博士で、アマゾンのレビューでも星4.5と好評価です。

 

私も、はじめは疑い半分でこの本を読んでいたのですが、読み終わった後はすっかりビタミンC信者になってしまうほど説得力あるものでした。

できれば、実際に本を読んでみて頂きたいですが、当ページでは主要なポイントだけ抜粋してお伝えします。

 

ビタミンCの有効性を裏付ける科学者たち

ビタミンCは、多くの偉大な科学者たちによって、その有効性を示されています。

そして、その筆頭としては、ライナス・ポーリング博士がいます。

 

ライナス・ポーリング博士

ライナス・ポーリング博士はノーベル賞を2度も受賞している人物です。

このポーリング博士が「さらば風邪薬! : ビタミンCで風邪を追放(現在は絶版)」という本を出版してベストセラーとなり、アメリカ発のビタミンCブームが巻き起こりました。

この出来事は1970年のこととなりますが、ビタミンCが1928年に発見されてからの歴史の中で、ビタミンCが一躍脚光を浴びる大きな機会となりました。

ライナス・ポーリング博士の肖像写真。ウィキペディアから引用 ライナス・ポーリング博士

 

NIH(アメリカ国立衛生研究所)の博士を中心としたグループ

そして、時を経て2005年には、NIH(アメリカ国立衛生研究所)のマーク・レビン博士を中心としたグループによって、”ビタミンCががんを殺す” ことを証明する論文の発表があり(*1)、改めてビタミンCが注目されることになりました。

この ”ビタミンCががんを殺す” という点は当時医療業界を超えて大きな衝撃を与えることになりましたが、その刺激的なタイトルの論文が、医学の業界で大きな権威を認められているNIH(アメリカ国立衛生研究所)の博士を中心としたグループという確かな権威筋から発表されたことに大きな意味がありました。

NIH(アメリカ国立衛生研究所)の外観写真
NIH(アメリカ国立衛生研究所)

 

また、他にもコロンビア大学のクラウス・ユンゲブルート博士によるポリオウィルスに感染したサルの臨床実験や、フレッド・クレナー博士による実証報告など、様々な研究・報告によってビタミンCの有効性は示されています。

  

そして、これらビタミンCの強力な効果・効能を引き出すためには、ビタミンCを大量摂取することがポイントとなります。

 

ビタミンCの大量摂取(メガドーズ)療法

ビタミンC摂取量の目安

”大量摂取” とはどの程度かというと、カリフォルニア州のロバート・カスカート医師によって提唱された「腸管耐容量(※)」と呼ばれる指標が、1日の摂取量の参考とすることができます。

体の状態が健康な人で、1日あたりの総量4~15g(1日の摂取回数4回)

 

この1日あたり4~15g (4000mg~15000mg)という分量について、通常ビタミンCサプリメントの1粒が0.5g(500mg)であることを考えると、1日にビタミンCサプリメント8粒~30粒くらいとなります。

 

※腸管耐容量・・・ビタミンCの副作用である下痢をしないための目安量

 

ビタミンCの吸収率

ビタミンCの摂取量の目安がわかったとしても、一度に大量に摂取しては多くが尿とともに流れ出してしまいます。

実際に以下の吸収率の表を見ると、一度の摂取量が2000mgになると、半分以上(56%)が尿として排出されてしまうため、効率的ではありません。

 

ビタミンCの摂取量に対して、吸収率と、尿として排出される率を表としてまとめたもの

出典:Hickey and Roberts, Ascorbate (2004)  『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』に記載の表から作成

 

一方、一度の摂取が1000mg(1グラム)であれば、75%が吸収されるため効率的です。

そこで、ある程度の時間を置きながら、1000mg(1グラム:サプリメント1~2粒)を分けて摂取するのがオススメです。

 

血中ビタミンC濃度の時間ごとの変化

ビタミンCは、摂取すると血中のビタミンC濃度が上がります。

ただ、ビタミンC 1000mg(1グラム)を1回だけ摂取しただけでは、次第に尿といっしょに排泄されて血中濃度は下がり、4時間後には基準値に戻ってしまいます。

一方、ビタミンC 1000mg(1グラム)を1時間ごとに摂取した場合は、「ダイナミックフロー」と呼ばれる理想的な状態にまでビタミンCの血中濃度を高めることができます。

 

ビタミンC摂取からの経過時間と、血中ビタミンC濃度のグラフ

出典:『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』に記載のグラフに基づき作成

 

常に「ダイナミックフロー」の状態にするためには、1時間ごとに1グラムずつ摂取する必要があって大変ですが、いずれにしてもビタミンCは摂取した後の血中濃度が重要であるため、少なくとも2~3時間の頻度で摂取することが効果を高めるためには大切です。

 

私が実際に行っているビタミンCの利用方法

以上のビタミンC摂取量、吸収率、時間ごとの変化を踏まえて、私なりに実践しているビタミンC摂取方法をお伝えします。

 

当サイト管理人が使用しているビタミンCの製品群。ビタミンC粉末、海外製のビタミンCサプリメントであるエスターC、国内製のビタミンCサプリメントのディアナチュラ

私が使用している品々

 

私のビタミンC摂取の具体的な方法

まず、1回のタイミングでの摂取量は、 1000mg(1グラム)ずつ摂取するようにしています。

これは、前述した通り、ビタミンCの 吸収を効率的に行うためです。

 

そして、1回あたり1000mg のビタミンCを、以下の製品を利用して摂取しています。

  • 自宅の中ではビタミンC粉末
  • 外出先では海外製と国内製のビタミンCサプリメントを1粒ずつ

 

ビタミンC粉末は安いから家ではこれが基本

まず、一番基本としているものは、ビタミンC粉末です。

 

 

なぜビタミンC粉末を一番基本とするかというと、安いからです。

上の画像で示している岩城製薬株式会社の製品は、第三類医薬品として認定されている日本薬局方(厚生労働省が定めた医薬品の規格基準書)の製品で、ビタミンC粉末として信頼性が高いとされているものです。

 

この製品はビタミンC粉末としては最も高価な部類ですが、それでも 500g で送料含めて4600円程度。
1回の摂取量1g あたり 9円程度です。

1日3回摂取したとしても、1日あたり27円で、半年近くもちます。

 

アマゾンの格安ビタミンC粉末は個人的にはイマイチだった

ちなみに、ビタミンC粉末は、アマゾンでも販売されているものがあります。

こちらは1kg(1000g)で1500円程度。
1g あたり 1.5円程度、1日あたり4.5円と破格の値段で売っています。

 

 

ただ、こちらは岩城製薬のビタミンC粉末と比べると、粒子が荒く、水に溶かしても多少ジャリジャリするのが気になる上、個人的にこれに切り替えてからなんとなく調子が悪くなったので、私はやめてしまいました。

 

家の外ではビタミンCサプリメント

なお、ビタミンC粉末は安くていいのですが、ビタミンC粉末の欠点は持ち歩きしにくいことです。

そこで、私はビタミンC粉末を自宅用とした上で、持ち歩き用にはビタミンCサプリメントを利用しています。

 

ビタミンCサプリメントとして、私は海外製のビタミンCサプリメントと、国内製のビタミンCサプリメントの両方を使っています。

なぜ両方使っているかというと、私は海外製のサプリメントの方が信頼性が高いと考えているのですが、海外製のビタミンCサプリメントは価格が高いためです。

そこで、ビタミンC 一回の摂取量1000mg を、サプリメント500mg の2粒ずつで毎回摂取するのであれば、海外製と国内製を1粒ずつにしたら良いだろうと思い、併用しています。

 

海外製のビタミンCサプリメント

ちなみに、日本でサプリメントというと、おまじない程度か、気休め程度に考えている人も少なくありません。

しかし、アメリカではサプリメントに関する法律がある上、サプリメントを明確に医薬品と食品の間に位置づけて、「食事とサプリメントで健康を維持する」という考え方が広く社会に浸透しています。

さらに、アメリカでは日本のような国民皆保険の制度がないことから、病気になると大きな医療費が掛かるため、予防医学の観点からアメリカの消費者は日本の消費者よりも厳しい目でサプリメントを評価していると言われています。

 

そこで、私は、そのように厳しい目で評価されているアメリカで「ビタミンCと言えばコレ!」と言われているエスターCという製品を購入しています。

以下の製品になります。

 

海外製ビタミンCサプリメントのエスターCの写真。カプセルタイプとタブレットタイプ、それぞれの容器と錠剤

 

左はカプセルタイプ、右はタブレットタイプです。

カプセルタイプの方が持ち運びに便利なため、私はカプセルタイプを利用しています。

 

カプセルタイプの購入価格は1300円ほどで、500mg の粒が120粒入っています。

ちなみに、こちらの製品は、以下のリンクから購入できます。

>> American Health, エスターC、500 mg、120カプセル

 

この海外製サプリメントだけで、1回分1000mg を摂取しようとすると、2粒(1回分)で21円くらいしてしまいます。

これだとやや高いため、日本製のビタミンCサプリメントも併用しています。

 

日本製のビタミンCサプリメント

日本製のサプリメントは、海外製のものに比べると大幅に安いです。

アサヒグループ食品のディアナチュラや、DHC、大塚製薬のネイチャーメイドなど、様々なメーカーから販売されていますが、おおむね1粒500mg あたり3~5円程度ですので、1回分1000mg を摂取しようとすると、2粒(1回分)で6~10円くらいです。

日本製のビタミンCサプリメントは、海外製のものと比べて半額以下ですね。

 

こうした値段の違いによる信頼性の差異については、厳密には判断しかねますが、なんとなく日本製の安いものだけだと不安である一方、海外製の高いものだけだと値段が気になるため、海外製と日本製を1粒ずつ利用しています。

 

ちなみに、日本製のビタミンCサプリメントは、尿が黄色くなります。

この点について、海外製のサプリメントや、ビタミンC粉末を摂取しても尿が黄色くなることはないのですが、なぜか日本製のサプリメントだけは、摂取すると尿が黄色くなります。

この点はビタミンCが尿として流れ出ているような感じがしてしまいますが、トイレで黄色い尿を見る都度、ビタミンC を摂取することを思い出すため、ある意味、摂り忘れ防止に良いだろうくらいに思っています。

 

ビタミンCサプリメントの持ち歩きについて

ビタミンCサプリメントは、サプリメントケースに入れて持ち歩いています。

良いサプリメントケースがないか、私もダイソーなど100円均一で探したりもしましたが、良いものがありませんでした。

そうした時に、たまたま妻が所持していた以下のサプリメントケースがとても使いやすかったため、こちらに入れて持ち歩くようにしました。

サプリメントケースの写真 ヤオケン バイオリンクと書かれている

 

こちらは、妻が妊活・妊娠中に摂取していた健康食品に付属されていたサプリメントケースです。

一般に入手するのは難しいと思いますが、一応こんなものを使っているということで参考までにして頂ければと思います。

 

1日のビタミンCを摂取する流れ

私は、おおむね以下のような流れでビタミンCを毎日摂取しています。

大体2~3時間ごとにビタミンCを摂取する形で、1日あたり合計7000mg(7グラム)を摂取しています。

時間別のビタミンC摂取タイミングを表にしたもの。7時頃(朝一)ビタミンC粉末を摂取、9時頃に仕事場にてサプリメントを摂取、12時頃の昼食時にサプリメントを摂取、15時頃おやつ時にサプリメントを摂取、18時頃帰り時にサプリメントを摂取、20時頃の夕食時にビタミンC粉末を摂取、23時頃の就寝時にビタミンCを摂取

 

1日あたりの金額

前述のビタミンC摂取の流れで、ビタミンC粉末とサプリメントを使用すると、1日あたりの金額は83円程度となります。

1か月あたりで計算すると、およそ2,490円ですね。

この金額をどのように解釈するかは人それぞれですが、私としてはそれほど負担には感じていません。

 

ビタミンCの大量摂取の実践にあたって

ここまで、ビタミンCの有効性と、ビタミンC大量摂取、さらには私の実際の体験に基づく実践方法までご紹介してきました。

 

ここで、最後に注意点として、ビタミンCの大量摂取は賛否ある方法であることも、お伝えしておきます。

実際、厚生労働省の情報発信サイト(*2) によると、ビタミンCの摂取推奨量としては、成人女性で75mg、成人男性で90mg として示しているため、健康な人での腸管摂取量4~15g ほども必要ないかもしれません。

また、人によって個人差がある上、ビタミンC大量摂取の効果・効能に対して懐疑的な見方を示す主張が複数あるのも事実です。

 

ただ、私としては、ビタミンCはシミや肌に良い上に、大量摂取で風邪や病気の予防になるということで、大きなメリットを感じております。

一方で、ビタミンCはたくさん摂取したとしてもほとんど副作用がない上、経済的な負担もそれほど大きくないことから、デメリットはほとんどないものとして、試してみるだけ損はないと考えています。

 

また、当ページとしては、ビタミンCの大量摂取の是非を論じるつもりはなく、あくまで悩んでいたり困っていたりしている人の参考になればと思って書きました。

もし、ビタミンCの大量摂取にご興味を持たれた方は、ぜひ『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』 の原書をお読みの上、自己責任、自己判断の上、お試し頂ければと思います。

 

参考文献・参考リンク

(*1)Q. Chen et al., Pharmacologic ascorbic acid concentrations selectively kill cancer cells: Action as a pro-drug to deliver hydrogen peroxide to tissues. Proc. Natl. Acad. Sci. USA vol.102 13606-13609 (2005).
(*2)http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/09.html