光老化とは-シミ予防のために最も大切なこと。

シミ治療の専門サイト

シミ予防の研究は、1986年にクリーグマン(kligman)という科学者によって「光老化(ひかりろうか)」という概念が提唱されて以降、飛躍的な発展を遂げ、世界的にも大きな転換点を迎えました。

 

この動きは、日本でも著名な医師などが参加して「光老化啓発プロジェクト」という活動が発足するなど、日本においても光老化への認知向上の動きが加速しています。

 

しかし、このようにシミ・シワ予防のために「光老化対策」こそ重要であることは、専門家の中では常識である一方、一般の人たちにとっては「光老化」の認知度は非常に低い状況です(男女で4.2%に過ぎない *1)。

そのため、光老化を原因としたシミ・シワによって、いまだに多くの女性・男性が悩み続けている現状は、とても残念なことです。

 

そこで、このページでは、光老化についてできるだけわかりやすくお伝えした上で、シミ・シワ予防のための実践的な光老化への対応方法についてもお伝えしていきます。

 

 

光老化の定義、光老化とは

まずはじめに、光老化とは何かということになりますが、定義としては「長期間日光に繰り返し当たることによって生じる慢性の皮膚の障害」であるとされています。(*2)

この点については、次の画像を見て頂くとわかりやすいです。

 

年配の方の腰と顔の写真。顔は光老化によってシミやシワが目立つ一方、腰はシミやシワが目立たない

引用:上出 良一 光老化のメカニズムと臨床 『医学のあゆみ』  Vol.248 No.8 2014.2.22 P574

 

【右の画像B 光老化による影響が大】
右の顔を写した写真には、深いシワや、全体として黄色がかった皮膚の色、多数散在するシミなど、老化現象として見られる「特徴」が強く見られます。

【左の画像A 光老化による影響が小】
一方、左の腰を写した画像では、シワは浅く細かく、皮膚の色も淡色で、シミもほとんどありません。

 

そして、この2つの写真で重要なポイントは、同一人物の写真であるということです。

 

それでは、なぜ同一人物でも体の部位によってこれほど老化の症状が異なるかというと、原因は紫外線にあります。

日常的に紫外線にさらされる顔の部分は、とてもはやく老化現象が進む一方、衣類に覆われて紫外線にさらされない部分は、圧倒的に皮膚老化の症状が軽いということで、紫外線を日常的に浴びるか否かでこれほどの差が出るということです。

 

一般的には、顔がシミやシワに覆われているような高齢者の裸を見る機会は限られることから、意外に気付きにくいことですが、紫外線を浴び続けた顔と、そうでない部分の腰がどのような差を生むのか、とてもわかりやすい例であると言えます。

 


年配者は顔にシミが多くあったとしても、必ずしも体中もシミだらけというわけではない

 

そして、この紫外線に当たる部位と、当たらない部位の差によって、老化の進み具合が大きく異なることから、「シミの約80%は光老化を起因とするものである(*3)」と専門家によって言われる理由も納得できます。

 

紫外線(UVA)が与える影響の大きさ

なお、光老化に関しては、UVAと呼ばれる紫外線の一種が、光老化に無視できない影響を与えているという研究が近年になった多数報告され、注目を浴びています。

 

このUVAが与える影響の大きさについては、以下の画像を見て頂くとわかりやすいです。

 

顔の左側だけにシワが目立つ中高年の男性

引用:Unilateral Dermatoheliosis Jennifer R.S. Gordon, M.D., and Joaquin C. Brieva, M.D. N Engl J Med 2012; 366:e25April 19, 2012DOI: 10.1056/NEJMicm1104059
 

 

この写真は、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』という医学雑誌のサイトで、配達トラックの仕事に28年間就いていたという69歳の男性です。

毎日トラックに乗って顔の片側ばかり日を浴びた結果、顔の片側ばかり光老化が進んでシワだらけとなっている様子が写しだされています。

そのため、光老化について説明するために引用されることが多い画像です。

 

ちなみに、この画像ですが、「トラック運転手といっても通常トラックには窓ガラスがあるため、窓ガラスで紫外線をある程度防御できないものか?」と、疑問が浮かびます。

そこで、リンク先の英語の原典をよくよく読んでみると、実は、このリンク先の記事はUVAがガラスを透過することの注意と、UVAの危険性について警笛を鳴らしている記事であることがわかります。

以下、引用となります。

 

Ultraviolet A (UVA) rays transmit through window glass, penetrating the epidermis and upper layers of dermis.
(訳:)UVAは窓ガラスを通して伝えます。そして、表皮と真皮の上層を透過します。

UVA has also been shown to induce substantial DNA mutations and direct toxicity, leading to the formation of skin cancer.
(訳:)UVAは、DNAの突然変異と直接的な毒性をかなり導くことが示されており、皮膚がんの形成に至らしめます。

 

このように医学雑誌サイトに記載されていることからも、UVAの影響の大きさをご理解頂けると思います。

 

ところで、これまでシミやシワの形成には、UVBと呼ばれる日焼けのエネルギーが強い紫外線の一種ばかりが注目されて問題であると考えられていましたが、UVBは窓ガラスを透過しないため、ガラスごしではそれほど大きな問題にはなりません。

一方、UVAは日焼けのエネルギー自体は大きくありませんが、窓ガラスを透過する上、光老化を促進させます。

 

つまり、光老化という観点からすると、UVAによる影響は意外にも無視できないほど大きく、日焼け対策を一生懸命やっているはずの女性になぜかシミができるのは、実は意識していないところで毎日少しずつ浴びているUVAが問題となっている可能性が十分考えられます。

 

知られていないPA値

前述の通り、UVAの光老化に対する影響の大きさについてはご理解頂けたと思いますが、一方でUVAを防御する点については一般的に認識がきわめて低い現状があります。

そのひとつの例に、市販されている日焼け止め製品に記されているPAという値(UVAに対する防御効果)に対する認知が非常に低い点があります。

 

川田 暁 氏(近畿大学医学部皮膚科)による医学生と看護学生への調査(*4)によると、SPF値(UVBに対する防御効果)に対して正しく認識していた人は全体のうち15%であった一方、PA値(UVAに対する防御効果)を正しく理解していた人は2%に過ぎない状況でした。

 

UVAの特徴 まとめ

このように、UVAや、それを防御するPAについての理解が一般的に低いことを踏まえて、改めてUVAの主な特徴について、以下の画像の通りまとめてみました。

 

【UVAの主な特徴】UVAの特徴をまとめた図。ガラスを透過する=屋内でも浴びやすい、雲を透過しやすい=曇りや雨の日も浴びやすい、季節(春夏秋冬)による照射量の変動が小さい=年中変わらぬケアが必要

 

上記の画像に示した以外にも、UVAの特徴として、UVAは紫外線の内95%もの割合を占めることや、真皮深くまで到達することなど重要なポイントはありますが、ここではUVAを浴びるのが盲点になりやすいという観点でこの3点の特徴を画像としてまとめました。

 

なお、UVAは屋内にいても浴びやすく、雨や曇りの日も思いのほか浴びています。さらに、年間を通じて照射量に変動が少ないため、紫外線のオフシーズンなどの意識をしていないところも含めて、年中毎日浴びやすいです。

また、「行動様式によっては1日に浴びるUVAの量に1000倍もの差があり得る(*5)」 との専門家による指摘もあることから、意識していないところも含めた毎日のUVA対策によって、シミの形成に大きな差が生まれる可能性があります。

 

このように、意識していないところで知らぬ間に大量に浴びてしまいがちなUVAではありますが、日常生活でUVAを防ぐためには強い日焼け止めは必要ないとされており、日常生活におけるUVAの防御にはPA+と記載されている程度で十分と言われています。

 

サンスクリーン剤使用のめやす
条  件 防御対象波長 防御効果 備  考
SPF PA
日常生活 UVB
UVA
5 + 光老化予防
軽い屋外活動、ドライブなど 10 ++ サンバーン、光老化予防
晴天下のスポーツ、海水浴など 20 +++ サンバーン、光老化予防。耐水性のあるもの
熱帯地方での屋外活動 30以上 +++

参考:皮膚科Q&A(公益社団法人 日本皮膚科学会)

 

特に、UVA自体の日焼けのエネルギーは強くないため、日焼け止めとしての効果は弱くても、とにかく毎日、そして年中使えることに重点を置いた、使い心地の良い紫外線対策製品を使うことが、光老化対策には大切です。

 

光老化対策についてのまとめ

ここまで、光老化とは何かという点と、その光老化対策のためのUVAの重要性についてお伝えしてきました。

シミに悩まされない生活を送るためには、光老化への理解が基本となりますので、当ページの内容が参考になれば幸いです。

 

 

参考文献

(*1)友利新オフィシャルブログ ビューティ診療室 「皆さんに知ってもらいたい「光老化」」
(*2)笹屋晴代,川田暁 皮膚科診療における光老化の治療 『日本香粧品学会誌』 Vol.34,No3,pp.209-213(2010)
(*3)宮地 良樹 皮膚のフォトエイジング(光老化) 雑誌『眼科』 Vol50 No4 2008
(*4)川田 暁 紫外線から肌を守り,いつまでも美しく-皮膚科医から香粧品業界に臨むこと- 『日本香粧品学会誌』 Vol.34,No.3,pp.185-189(2010)
(*5)宮地 良樹 皮膚のフォトエイジング(光老化) 雑誌『眼科』 Vol50 No4 2008