子供の日焼けと将来のシミ予防 ~ 子供たちがシミで将来後悔しないために

シミ治療の専門サイト

将来のシミ予防のために、子供の頃から紫外線(日焼け)対策をすることの重要性は、専門家の間では半ば常識として言われています。

 

しかし、今だに真っ黒に日焼けした小さな女の子を街中で多く見かけることから、子供時代からはじめるシミ予防の重要性が依然として十分に認知、対策されていないことを実感します。

 

多くの女性たちがシミに悩む今、子供たちが同じように将来シミに悩まされることがないように、このページでは子供の日焼けとシミ予防について、詳しくお伝えしてまいります。

 

日焼け・紫外線対策、子供の頃こそ重要な理由

実は、成長が進んでから浴びる紫外線よりも、子供の頃に浴びた紫外線の方が、生涯にわたる影響が大きいことが以下の3つの研究からわかっています。

 

①オーストラリアの移住時期による比較調査

オーストラリア (ニュージーランドとともに皮膚がん発症率が世界一高い) に移住した白人を調査として比較した結果、0歳から10歳の間に移住した人は、10歳以降に移住した人に比べ、生涯での皮膚がんの発生率は3~5倍も高かった。(*1)

大きくなってからオーストラリアに移住した場合と、小さい頃にオーストラリアに移住した場合では、後者の方が皮膚がんのリスクが3~5倍ある図

 

②マウスの紫外線発がん実験

若い週齢時に大量の紫外線を浴びた群と、成長後に大量の紫外線を浴びた群で、皮膚がんの発生率を比較した結果、生涯で紫外線を浴びる量が同じであっても、若い週齢時に大量の紫外線を浴びたマウスの方が、皮膚がんの発生率が高かった。(*2)

大きくなってから紫外線を浴びたマウスと、小さな頃に紫外線を浴びたマウスでは、後者の方が皮膚がんのリスクが高かった図

 

③2歳と4歳の姉妹の例

皮膚がんの発生率が普通の人の数千倍高い色素性乾皮症の姉妹が、それぞれ妹2歳、姉4歳の時期から徹底して光を浴びないようにした。その結果、2歳から光を浴びないようにした妹は、23歳で皮膚がんが発症することとなったが、幼少期に妹より2年多く日光を浴びた姉は、妹より10年も早い13歳で皮膚がんが発症することとなった。(*3)

皮膚がんになりやすい姉妹で、妹は2歳から紫外線を完全防御し、姉は4歳から紫外線を完全防御したが、姉の方は妹より10年も早く皮膚がんになってしまった幼少期に浴びた2年間の差によって、がんの発症が10年も早くなってしまった

 

この3つの調査結果からも、大人になってから以上に、幼少期を含む子供の頃にこそ、紫外線対策を行うことがシミ予防のためには重要であると言えます。

 

子供が日焼けをする(紫外線を浴びる)ことの意味

それでは、なぜ子供の頃に日焼けをすることのリスクが高いのでしょうか。

それは、紫外線を受けた際に内面的に起こっている点にあります。

体の中では、日焼けをする(紫外線を浴びる)ことによって、皮膚を作るための設計図(DNA)が壊されます。そして、その壊されたDNAは、人間本来の再生能力によって修復されますが、その修復の際に、時として誤ったDNAが作られてしまいます。

そして、この誤ったDNA(皮膚の設計図)に基づいて皮膚細胞が作られることによって、シミになる可能性が高くなってしまうのです。


~紫外線によって、シミにつながる誤ったDNAが作り出されてしまう。これが問題~

また、重要なことは、子供の頃は成人に比べて細胞分裂が盛んであることから、紫外線によってこの誤った皮膚の設計図(DNA)を高頻度で作り出してしまう点にあります。

そして、それが子供の頃に浴びる紫外線の影響が大きい理由です。

従って、将来的に、シミにつながるような皮膚細胞を極力生みださないようにするためには、誤った設計図(DNA)を生みだす結果となる紫外線の影響をできるだけ少なくすることが重要となります。

 

毎日浴びる紫外線量の差で20歳もの違いが

秋田と鹿児島の女性をシミの状況から比較した 市橋 正光 氏の研究によると、鹿児島の女性は40歳頃には、秋田の女性の60歳と同程度のシミのレベルになるという結果が示されています。(*4)

これは、年間の紫外線量が1.6倍異なることによる差と考えられますが(研究上の仮定)、浴びる紫外線の量によって20歳も早くシミの形成が進むことを示すものとなります。

この研究結果からも、日々の紫外線を浴びる量がどれほどシミの形成に大きく関わるかが良くわかります。

特に、前述した通り、子供の頃に紫外線を浴びることが、成長した後のシミの形成に大きく関わる点もあるため、小さな子供の頃から無用な紫外線を浴びることはできるだけ避けるべきです。


日々浴びる紫外線の量の差で、シミの発生が20年も早くなってしまうことも

また、男性と比較して女性の場合はシミの形成がQOL(クォリティ オブ ライフ:生活の質)に大きく影響することから、子供が成人してからシミで後悔することのないように、小さな女児を抱える保護者は特に注意する必要があります。

 

子供の日焼け・紫外線対策 ~シミ予防の観点から~

まずは、物理的に直射日光を避けるようにすることが重要です。

一例として、極力日陰に入ることや、ツバの大きな帽子をかぶることが挙げられます。また、極端に日差しが強い中での外遊びを避けることや、キャンプやレジャーの際など必要に応じて日焼け止めを使用することも考えられます。

ただ、こうした日差し(強い紫外線)を避けることはもちろん重要ですが、実はシミという点に関して言えば、弱くても毎日少しずつ浴びる紫外線がシミの形成に大きく影響していることから、そうした毎日少しずつ浴びる紫外線予防も大切であることが近年わかってきました。

そして、その「毎日少しずつ浴びる紫外線」に関しては、紫外線の一種であるUVAがポイントとなります。

 

子供の将来のシミ予防に、意外な盲点「UVA」

これまでは、日焼けに対するエネルギーの強いUVBと呼ばれる紫外線ばかりに焦点が当てられ、とにかく日焼けしないことが過大評価されていましたが、UVBは紫外線に占める割合が5%に過ぎません。

一方、UVAは日焼けに対するエネルギー自体は弱いことから、これまでは過小評価されていましたが、紫外線に占める割合が95%と非常に多い上、皮膚の深いところにまで到達することから、実はシミに対する影響という面では大きいものと考えられるようになってきました。

また、UVAは防御が難しいという問題もあります。

 

防御が難しいUVA

UVAはガラスを透過するため、屋内にいても影響を受ける点があり、雨や曇りの日も思いのほか浴びてしまう点もあります。さらに、UVAは1日を通しての照射量や、年間を通しての照射量に変動が少ないため、紫外線のオフシーズンや朝夕などの意識をしていないところも含めて年中毎日浴びやすいのです。

そのため、「行動様式によっては1日に浴びるUVAの量に1000倍もの差があり得る(*6)」との専門家による指摘もあるほど対応によって大きな差が出てしまい、その差が将来のシミの差となってしまうと考えられます。

このように、シミに対する影響という面で無視できないほど大きなUVAですが、日常生活でUVAを防ぐためには強い日焼け止めは必要ないとされており、特に皮膚が未成熟な小さな子供には肌への負担も少ないPA+と記載されている程度で十分であると言われています。

 

子供の将来のためにも、本当に続けられる毎日のシミ予防対策を考えてみてください。

 

 

Q&A

 Q  紫外線予防をすることでビタミンD不足になるということを聞いたのですが。

 A  この点については、専門家の上出 良一 氏 (東京慈恵会医科大学付属第三病院)は、「ビタミンD不足を懸念してあえて紫外線曝露を行う合理的理由はない(*6)」と述べています。ただ、身体上の理由等で外出ができないなど日を浴びる機会が極端に少ない場合は考慮が必要です。そういった点も踏まえて、環境省では、「日焼けするほどの「日光浴」が必要なのではなく、(中略)両手の甲くらいの面積が 15 分間日光にあたる程度、または日陰で 30 分間くらい過ごす程度で、食品から平均的に摂取されるビタミンDとあわせて十分なビタミンDが供給される」と指導しています。

 

参考文献

(*1)Armstrong BK, Kricker A:Sun exposure causes both nonmelanocytic skin cancer and  malignant melanoma.Environmental UV Radiation Health Effects Bfs-USH-171/95 (ed by Scopka HJ et al.) p.105~113, 1995
(*2)Forbes PD, Davies RE, Urbach F : Aging,environmental influences, and photocarcinogenesis.J Invest Dermatol 73:131~134,1979
(*3)Kondoh M, Ueda M,Nakagawa K, Ichihashi M : Siblings with xeroderma pigmentosum comprementation group A with different skin cancer development : Importance  of sun protection at an early age. J AM Acad Dermatol 31 : 993~996, 1994
(*4)Hillebrand GG, Miyamoto K, Schnell B, Ichihashi M, Shinkura R, Akiba S : Quantitative evaluation of skin condition in an  epidemiological survey of females living in northern versus southern Japan. J Dermatol Sci 27 (Suppl) : S 42~52, 2001
(*5)Drake LA,Dinehart SM, Farmer ER, et al:Guidelines of care for photoaging/photodamage.American Academy of Dermatology, J Am Acad Dermatol,35:462-464,1996.
(*6)上出 良一 皮膚科セミナリウム 92回 紫外線と皮膚 光老化 『日本皮膚科学会誌』 122(14). 3717-3723. 2012