シミ治療の専門サイト

シミ取り治療の専門サイトへ、ようこそ!

このサイトでは、私自身のシミ治療の経験を踏まえて、気になるシミ取りレーザー治療の実際のところを本音でレビューしています!

 

シミ取りレーザー治療を受けるための料金や、施術の実際の流れクリニック選びなどについて、体験談を交えてわかりやすくまとめめているため、チェックしてみてください(^^)

 

シミ取りレーザーは、実際に受けてみると思ったより簡単に終わる上、料金が安いクリニックも出てきているので、利用している人はみんな利用しています。

でも、知らない人はずーっと知らないで悩み続けている人が多いので、そのようにシミに悩む人のためにこのサイトがお役に立てばうれしく思います。

 

シミ取りレーザー治療 料金

基本的にシミ取りレーザーは保険未適用

シミ取りレーザー治療は、いくつかの症例に対しては保険適用となりますが、ほとんど多くのケースでは保険未適用(自由診療)となります。

→もっと詳しく知る

 

また、シミ取りレーザー治療の料金は、クリニックごとに表記がまちまちでわかりにくいのですが、おおむね2パターンの料金体系となっています。

クリニックごとの料金パターン

  • ワンショットあたりの料金で示されているパターン
  • 10mm × 10mm のような形でシミの範囲あたりの料金で示されているパターン

 

 

実際のシミ取りレーザー治療の料金

ワンショット料金で比較

湘南美容外科 2,430円 2mm以下
品川美容外科 5,400円 1mm × 1mm
会員価格は4,320円
聖心美容外科 5,400円 直径1mm
シロノクリニック 5,400円 直径5mm以下
あさひ美容外科 10,800円 直径1mm
大塚美容形成外科 10,800円 1照射

 

シミの治療範囲料金で比較

湘南美容外科 8,100円 10mm以下
東京美容外科 10,584円 1cm×1cm
フェミークリニック 10,584円  1cm×1cm以内
高須クリニック 10,800円 1cm×1cm
銀座よしえクリニック 10,800円 1cm×1cm
聖心美容外科 16,200円  直径10mmまで
シロノクリニック 21,600円 1cm×1cm

ここでは、各クリニックの1cm×1cm の料金を記載しています。

 

シミ取りレーザー料金の詳しい比較

なお、料金を比較するにあたっては注意点があります。

 

たとえば、ワンショット料金が数百円などあまりに安いクリニックは、高価な初診料・再診料が掛かることや、テープ・軟膏代が診療代とは別途掛かる等、裏があって結局高くなるなどです。

そこで、それらの注意点を踏まえた上でもっと詳しい比較を見たい方は、以下のページで各クリニックごとの特徴などを踏まえて、わかりやすくまとめているためチェックしてみてください。

 

 

 

シミ取りレーザーの体験談

また、実際に当サイト管理人がシミ取りレーザーを受けてきた体験談もあります。

シミ取りレーザー治療で実際にかかった料金や、具体的な治療の流れなども掲載しているため、参考にしてみてください。

 

 

 

シミ取りレーザーのメリット・デメリット

どのような治療もそうですが、シミ取りレーザーもメリットとデメリットがあるため、しっかり理解・納得した上で検討してみてください。

 

シミ取りレーザーのデメリット

  • ダウンタイムがある
  • 戻りシミが発生する恐れがある
  • 特定のシミに対して使用することができない

 

ダウンタイムについて

シミ取りレーザー治療のデメリットとしてはまず、ダウンタイムがあるという点で、術後に1週間程度、保護テープを貼ってケアする必要があります。

このダウンタイムが嫌でレーザー治療をためらう方も多いのですが、現在は「エアウォールUV」と呼ばれる上からファンデーションを塗れて目立たない保護シールもあるので、こうしたものを利用するとシミ治療後のかさぶたを目立たなくすることができます。

エアウォールUVを貼ると、シミ治療後のかさぶたが目立たない♪

→シミのかさぶた対策について
もっと詳しく見る

 

戻りシミについて

また、シミ取りレーザー治療については、戻りシミを気にされる方がとても多いですが、この点については名古屋にある美容皮膚科の医師がブログ上で明確に否定されています。

術後の経過を写真で追いながら、詳しく説明しているページがあるので、チェックしてみてください。

→戻りシミについて詳しく見る

 

シミ取りレーザーで治療できるシミ

シミ取りレーザーは、肝斑というシミに対して照射してはいけないと言われています。

ただ、専門誌で調べると、実は全シミに対する肝斑の割合は5%ほどで、ほとんどのシミはシミ取りレーザーで治療できるものです。

 

シミを主訴に来院する患者の内訳
引用:渡辺 晋一 「臨床皮膚科」
63巻5号 2009年増刊号

 

また、最近は肝斑に対しても有効と言われるレーザートーニングなどもあるため、あまり素人考えで自分だけ悩まず、医師に相談してみるのがオススメです。

初診料・カウンセリングが無料のクリニックもあるので、チェックしてみてください。

 

\当サイト管理人も利用している/
湘南美容外科

 

 

シミ取りレーザーのメリット

続いて、シミ取りレーザーのメリットです。

 

シミ取りレーザーのメリット

  • 特定のシミに対する有効性が実証的に確立している
  • 手軽に利用しやすい
  • 短期間で治療可能

 

まず、シミ取りレーザーのメリットとして、特定のシミに対する有効性が実証的に確立している点は、すでにお伝えした通りです。

シミのレーザー治療はこわいと感じる方が多いのですが、実はレーザー治療は1960年代から医療分野に実用化されているとても成熟した技術です。

その長い歴史の中で、様々なシミの症例に対する臨床研究も進んできているため、それほど恐れるものではないというのが、実際にレーザー治療を体験したこともある当サイト管理人の見解です。

→シミ取りレーザーの失敗例
もっと詳しく見る

 

なお、シミ取りレーザーは、実際に治療を受けてみるとわかるのですが、少ないシミであれば治療自体は5分も掛からず終わるため、「えっ!もう終わったの?」という感想を持つくらい、手軽に利用できます。

 

 

そして、1週間のダウンタイムがあるとはいえ、シミ取りレーザーの場合は1回でシミ治療を終わらすことができるため、短期間でシミの治療が可能です。

 

これがフォトフェイシャルの場合、シミを消すというよりは、シミを薄くしていくものとなるため、何回も治療を受けなければならないデメリットがあります。

このあたりは、治療を受ける方の考え方や、医師の治療方針によりますが、当サイト管理人がフォトフェイシャルを受けた体験談や、フォトフェイシャルをおトクに受けられるクリニックをまとめていますので、チェックしてみてください。

 

 

 

 

シミ取りレーザー まとめ

それでは、最後に、シミ取りレーザーのまとめをお伝えします。

 

シミ取りレーザーに関しては、よくわからないことが多く、不安であるという人も少なくないです。

そこで、当サイト管理人なりに疑問に思うことを全て調べた上で、私のような普通の人でもわかるように、以下のページにまとめました。

 

 

シミ取りレーザー治療を考えているけど、一歩踏み出せないという方は、納得して治療に臨むためにもチェックしてみてください。

 

 

その他のシミ消しに関する情報

 また、当サイトでは、シミ取りレーザー以外にもシミ治療に関する様々な情報を掲載しています。

シミ取りを謳う市販薬の効果についてや、トレチノインやハイドロキノン、カーボンピーリングについてなど、チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

シミ治療やシミを消す方法についてのまとめページ

 

 

シミの原因やシミの予防について

さらに、当サイトでは、シミの治療法だけでなく、シミの原因やシミの予防についてもお伝えしています。

 

「そもそも、なんでシミができてしまうの?」

「どうやったらシミを予防できるの?」

 

こうした疑問にお答えできるように、最も基本となる「光老化」のことから、体質の面や、習慣が与える影響まで、様々な側面からお伝えしています。

シミの原因を正しく理解して、上手に予防してください。

 

 

 

 

活性酸素を一番わかりやすく理解・対策するためのページ

 

シミの原因、シミの予防についてのまとめページ

 

 

こうした情報を活用して、シミに悩まされない生活を送るための一助として頂ければ幸いです。